FC2ブログ

アート ハミングバード

花のまわりを飛ぶハミングバードのように、アートのまわりを飛び回ります。

Entries

「草間彌生 永遠の永遠の永遠」展 2012.05.11

埼玉県立近代美術館はJR北浦和駅西口から歩いて5分ほど、木々に囲まれた北浦和公園のなかにあります。ランドセルを背負った小学生や自転車に乗った中学生、散歩する人たちが集まってきます。  
埼玉近美 草間展 看板
                 

美術館には、赤い水玉がうようよ
今回の展覧会では、入口に何やら赤いものがうようよ蠢いているようです。
近づいて見ると、赤地に白い水玉のある草間さんの作品でした。ここから不思議の国に入っていく感じがしました。館内には何か所か、撮影できる作品があって、自分で撮影できるので楽しさ倍増です。

埼玉近美 草間展 入口  
美術館の入口に、赤地に白水玉のオブジェ、動いいているように感じる《新なる空間への道標》、
2階には黄色い《大いなる巨大な南瓜》が見え、うねったガラスに公演の木々や美術館の柱が映り込む


草間彌生 埼玉近美 関内 
館内から外を見ると、ガラスにも赤い水玉


重いメッセージが伝わる「草間さんの肉声」
音声ガイドには、草間さんの詩がありました。アナウンサーの朗読は落ち着いて一歩一歩歩くように、詩を味わって聞かせるものでした。草間さん本人が自作を読み上げるところでは、体の奥から押し出すように、半拍速いような、急がされて前にツンのめりになりそうな読み方でした。

展覧会のタイトル「永遠の永遠の永遠」は、同じ言葉を繰り返すことによって、何度も念を押しているようです。未来永劫に絵を描き続けたい、草間さんの叫びに思えました。

草間彌生《チューリップ~》 
作品名は《チューリップに愛をこめて、永遠を祈る》、
長細い部屋に、天井、床、壁、作品も白に赤い水玉。 3つのチューリップがかわかりますか?

100点もの作品群に圧倒される
「愛はとこしえ」は、2004年から2007年にかけて制作したモノクロのシリーズ、版画バージョン50点。
「わが永遠の魂」は、2009年に始まったシリーズの2011年までの47点、1色に塗ったカンヴァスに色数を抑えた線画で、カラフルでモダン、スカーフにして颯爽と街を歩きたい作品。
テレビで描いているところを見ると、迷うこともなく、すいすいと描き、少し止まって、また線を繰り返し、見ている間に完成しました。次々と描いていくのです。このエネルギーには圧倒されます。

《魂の灯》は4メートル四方の小部屋にひとりずつ入場、床には水があって橋の突端に立つとドアが閉められ真っ暗になりました。水に落ちないようにじっとしていると、赤、黄、青、緑、さまざまな色の小さな電球が点滅し、鏡の壁や水に映る幻想的な世界が始まりました。線画作品は、無限に湧き出る連鎖的なイメージを、魔法のような筆使いで描き出したものです。さらに、初公開となる『南瓜』などの彫刻

常設展にも草間作品「草間彌生-works 1951-1975」 
1950年代のドローイングから、1960年代の油彩・彫刻、1970年代のコラージュまで、所蔵する12点の草間彌生作品をすべて展示 2012年4月19日~7月8日

草間彌生 永遠の永遠の永遠」
公式ホームページ http://www.asahi.com/kusama/

この展覧会は、大阪で始まり、埼玉を終了して、草間さんの出身地・松本を経て、新潟へと1年間に4か所で開催です。
国立国際美美術館(大阪)2012年1月7日(土)~  4月8日(日)
埼玉県立近代美術館      2012年4月14日(土)~  5月20日(日)
松 本 市 美 術 館           2012年7月14日(土)~ 11月4日(日)
新 潟 市 美 術 館           2012年11月10日(土)~12月24日(月・祝)

スポンサーサイト



*Comment

おはようございます。 

はじめまして、旅と歴史の薄荷脳70です。
私も埼玉県立近代美術館で見てきました。
「好きでもないのに見たくなる」という気持ちがわかります。とにかくインパクトありましたから。
ブログにも書いたのですが、「怖いもの見たさ」的な印象でしたね。
また、寄らせて頂きます。
  • posted by 薄荷脳70 
  • URL 
  • 2012.07/13 06:37分 
  • [Edit]

コメントありがとうございます。 

薄荷脳70様  

草間彌生展をこんなにたくさん見ているのだから、好きなのかもしれないです。でも作品を身近に飾るとしたら迷ってしまいそうです。

ブログ拝見しました。北浦和公園にたくさんの彫刻作品があることは知りませんでした。今度、探してみます。
  • posted by  
  • URL 
  • 2012.07/17 00:31分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

art hummingbird

Author:art hummingbird
アート、本、映画を中心に
見たこと、感じたことを伝えていきます。

ハミングバードは蜂鳥のこと、
体長は約6センチ、
蜂のように羽を動かして、
空中に留まることもっできます。

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR