FC2ブログ

アート ハミングバード

花のまわりを飛ぶハミングバードのように、アートのまわりを飛び回ります。

Entries

クリムトの大作来日、上野の東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」

2019 クリムト IMG_0379 2m
グスタフ・クリムト《ユディトⅠ》1901年 ウィーン、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館
グスタフ・クリムト《女の三世代》1905年 ローマ国立近代美術館


今年2019年は日本とオーストリア友好150周年、19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムト(1862-1918)の没後100年を記念する展覧会が開かれています。代表作はチラシに載っている《ユディトⅠ》《女の三世代》、金をあしらい、繊細な模様、官能的な女性像など、日本では過去最多25点以上のクリムトの油彩画を含む120点余を展示しています。

●少女の横顔
今回は東京都美術館の展示から、二人の少女の肖像画と1点の風景画、34メートルの壁画を紹介します。
作品画像がないので、展覧会のホームページ、Webでの検索をご利用ください。

最初のフロアー(ロビー階・地階)では、家族の肖像や写真、美術工芸学校での課題作、卒業後に弟と友人の3人で芸術家商会を設立て描いた天井画の下絵や習作など。古典的な画題を緻密に伝統的に描き、よく知られているクリムトのイメージはありません。

この階では、クリムトが6歳の姪を描いた白いブラウス姿の半身像《へレーネ・クリムトの肖像》が秀逸です。後ろ髪は顎で切り揃え、眉の上にまっすぐにそろえた前髪から正面を見据えた少女の横顔が大人びて見えました。

クリムトの生涯友人・恋人(?)でもあったエミーリア・フレーゲと交わした手紙、二人の写真(1899年、ベルヴェデーレ宮)も展示されています。そのそばに《17歳のエミーリア・フレーゲの肖像》(1891年、個人蔵)のパステル画は、少し斜め向き、やはり白いブラウスの上半身です。額にも日本風な植物が書き込まれています。成人したフレーゲの姿は国立新美術館「ウィーン モダン展」に展示されています。

1階では、正方形の《アッター湖畔のカンマー城III》(1909/1910年 ベルヴェデーレ宮)が素敵でした。芸術家が好んだ夏の滞在地の建物を画面いっぱいに描き、下部3分の1に湖に映る建物が揺らいでいます。小さな筆致でさまざまな色を並べている部分は新印象派のようでもあります。きらきらした光が全面に当たっているようです。

●長さ34m、幅2mの大作
2019 クリムト IMG_0382 22m 
《ベートーヴェン・フリーズ》をモチーフにした雑誌の付録
上部の便箋・封筒は『和楽』2019年  付録   
中央のファイルは『おとなのOFF』2019年1月号付録

展示されたのは、グスタフ・クリムト《ベートーヴェン・フリーズ》1984年(原寸大複製/オリジナルは1901-1902年、216×3438cm)ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館


圧巻なのは、1階の奥に展示された《ベートーヴェン・フリーズ》長さ34mの原寸大複製画が部屋の壁上半分をぐるりと占めています。幸福を求める騎士が戦って楽園に着くまでを描いています。金箔や貝殻の真珠母貝、ガラス、貴石などさまざまな素材も使われています。原画はートーヴェンを称える1902年の「第14回分離派展」で展示したものです。分離派会館の模型を覗くとベートーヴェンの像が見えます。壁にそって作品を見ていると、天井からはベートーヴェンの交響曲第九が流れてきました。

雑誌の付録もこの作品でした。使うのがもったいない便箋セットとファイルです。

【クリムト展 ウィーンと日本 1900】 https://klimt2019.jp/
東京都美術館 2019年4月23日(火)〜 7月10日(水)
豊田市美術館 2019年7月23日(火)〜 10月14日(月・祝)
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

art hummingbird

Author:art hummingbird
アート、本、映画を中心に
見たこと、感じたことを伝えていきます。

ハミングバードは蜂鳥のこと、
体長は約6センチ、
蜂のように羽を動かして、
空中に留まることもっできます。

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR